カフェではどんな席に座りますか?

2017.12.25

 
誰かと一緒にカフェに入る時、あなたならどの席を選びますか?

先にこっそりお教えすると・・・間違っても相手の“正面”に座ってはいけません!
普段は選びやすい席ですが、正面に座ると、就職活動での面接のように何となく対峙するような心理状態になってしまいます。

一番親しさが感じられるのは、“隣同士”の席です。次は丸テーブルや正方形の4人掛けのテーブルで斜め横90度の位置です。2人掛けの席しかなければ、なるべく斜めにずらして座るようにするといいですね。

そう考えると、レストランやバーの、隣りあわせに座る「カップルシート」は理にかなっているのです。窓際の席で綺麗な景色を見ながらであれば、自然と会話も盛り上がりますよね。

これは、ビジネスシーンでも恋愛シーンでも関係無く共通することです。部下や後輩と話をする場合も、隣り合うカウンターがおすすめです。心の距離が近くなるので、胸襟を開いて話しをしてくれる可能性が高いのです。

ここからは、デートにフォーカスをあててお話しようと思います。

大切なデートは、なるべく晴れた日に設定しましょう。日の光を感じると、不思議と明るい気持ちになりますよね。気持ちがいいので、自然と話が盛り上がりやすくなります。
逆に雨の日は、何もしていなくても気持ちが滅入りがちになりますね。
長期予報などを見て、可能な限り天気の良い日を選ぶくらいの気配りが大切です。
天気を味方につけましょう!

また、初めてのデートはどんなお店に行きますか?
「緊張するからお酒を飲んでしまいたい・・・」そう思って、居酒屋やアルコール類の出るレストランを予約してしまいがちです。

ですが、私がおすすめするのはお洒落なカフェでのお茶かスイーツです!
時間帯は、休日であれば14時か15時ぐらいから。平日であれば18時か19時くらいからとして、1時間~1時間半をめどにします。
少し短いと思われるかもしれませんが、話が盛り上がった場合でも余韻を残し「また会いたい」「次はお酒でも飲みに・・・」と思ってもらえるように、“腹八分”くらいがちょうど良いのです。

また、すべては相手本位で考えるようにしてみましょう。
デートが盛り上がるかどうかは、当日のコンディションが大きく影響します。
なので、日程は相手の休日の前日がベストです。翌日が休日であれば気持ちにも余裕ができ、それは会話にも反映されます。

そして、お店も相手本位で選んでみてください。
好きな食べ物や飲み物があると、気持ちのテンションも上がります。事前に相手の好みを把握しておくようにしましょう。
また、店の雰囲気や客層も重要な要素です。混雑して騒がしいお店を選ぶとリスクも大きくなります。
そして意外と何よりも大切なのは、店のスタッフの対応が良いこと。嫌な接客をされると、それだけで二人の雰囲気も悪くなってしまいますよね。

せっかくの大切な時間ですから、最高に素敵な時間にするために準備しましょう。
準備の時間も、デートの一部です!